認識より重要なデリケートゾーンの黒ずみ問題

124

アンケートによる統計を認識し方針を立てる

有名女性誌のスキンケア特集のアンケートとオンラインアンケート二つを20代から40代男性約1000人に「デリケートゾーンが黒ずんでいる女性をどう思うか」の調査を行いました。一番多い意見は「①性交渉の多い女性だと思う」で44%と52%で約半数にあたる男性の答えです。次点が22%と21%の男性が答えた「②性的興奮が冷める」でした。「③汚い、口による愛撫を避けたい」は15%と16%「④付き合う気を無くす」が両方15%「⑤出産経験がある」と感じるが4%と1%でした。このアンケート結果から、デリケートゾーンが黒ずんでいるとマイナス要素は多い事が分かります。半数の男性が答えられた「性交渉の多い女性だと思う」の詳細をアンケートで分析すると男性が性交渉が多いと思う女性の経験人数は、3人以上が18%、5人以上で26%、10人以上で36%と言う厳しい基準である事が分かりました。更に「男性経験が何人の女性が安心出来るか」のアンケート結果は0人が32%で3人未満が83・2%で8割以上の男性が3人未満の男性経験の少ない女性が安心と感じる事がわかりました。男性が性交渉が多いと女性と感じる10人以上経験を持つ女性は2・8%15人以上は0・8%で男性経験が多い女性を安心と考える男性は極めて少ない事が分かります。これらのアンケート結果から、様々な理由からデリケートゾーンが黒ずんでいる女性をマイナスと考える男性が多く存在する事が分かります。

何故デリケートゾーンは黒ずむのか

黒ずみの原因になるメラニン色素であるメラノサイトは、肌の表皮及び表皮の更に深層部にある有害物質の進入を防ぐ成分です。表皮や真皮が紫外線や外部の刺激で細胞間に凹凸が出来た際に有害物質から身体を守り細胞間を埋める働きをします。代謝が良い健康体ならコラーゲンⅠ型や珪素が充分働き美肌と張りを保ちますが、身体が衰えるとメラニンの働きの方が強くなります。性交渉が多いと摩擦の度合いが増える事と人体に有害な物質の経路になりやすいため、メラニンの働きは身体を守るために強くなりやすく、黒ずみやすくなります。メラニンの成分で黒く汚れたように見えるだけで身体の老化や奔放な性交渉を連想させでしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみをどう予防し改善するのか

食事療法の基本は肌に良いものを適度に取り、肌に悪いものを取らない事です。肌の状態と関わり合いが強い臓器である肝臓や胃腸、副腎は添加物、薬、酒、タバコ、脂分などの摂取で肌に悪影響が出やすくなります。ホルモン生成で肝臓や副腎がフル稼働すると美肌に必要なタンパク質、コラーゲン、ビタミンC、珪素などの美肌に必要な成分の栄養分を吸収させたり働かす為のホルモンの生成が遅れたり、充分に供給することが出来なくなります。そうなるとそれを補うためにメラニンが働いてしまうので、結果的に黒ずみます。
黒ずみ防止と改善には、洗い方や肌のケア、体毛処理の仕方等にも影響します。刺激や摩擦に弱い肌ですが、刺激で出来た凹凸には黒ずみ成分メラニンが働きやすくなるので、普段から肌を痛めない様にする事が求められます。局部を洗う際に強く擦ったり、体毛処理で傷付かない様にする為にシェイバーや剃刀の使用は控えた方が良いです。またデリケートゾーンの肌層は身体で最も薄く6層しか有りません。他の肌層は10層以上あるのが殆どで、最も薄い事から、傷付きやすく黒ずみやすい部分です。他にも重要なケアは、油性クリームは就寝前にはしっかり洗い落とすことです。就寝中は最も代謝が進む時間ですから、油性クリームは代謝の妨げになったり、周期を乱す原因にもなります。肌にはターンオーバーと言う代謝があります。若く代謝が正常な肌は28日周期ですが、ケアの仕方、環境や健康状態、年齢によって周期が遅れて長くなります。30代から40代になるとターンオーバーの周期は45日前後に伸びます。更年期になればさらに周期は長引きます。個人でも黒ずみの予防と改善は可能ですが非常にケアが難しく、中途半端なケアは逆に黒ずみを加速させます。美肌目的なら適切なプロによるケアをお勧め致します。美肌を手に入れると自信にも繋がり、自分が気付かなくてもいつの間に大切な男性の安心感とハートを手に入れている事もあるのです。